オーストラリアの年金制度とASX企業の配当性向

最近は追加購入する現金もないし、特に購入したい株もないのでアマゾンで本を買って読書していました。送料は高いですが、オーストラリアからでもアマゾンで本を買えるので個人的には大変助かっています。

せっかくオーストラリアに住んでいるにも関わらず、私は実はアウトドアといった外での趣味は苦手です。休日はどちらかというと家でネットしたり本を読んでいたりします。とはいえ夏場にはよくビーチに行っています。でも海少し泳いだ後は、ビーチで本を読んでばっかりですね。ビーチで読書もけっこう贅沢だと思いますが。

さて、今回は古い本ですがドラッカーの「見えざる革命」という本の内容が面白かったので紹介したいと思います。

続きを読む

マネックス証券がオーストラリア証券市場に参入

少し前のニュースになりますが、日本のネット証券大手のマネックス証券がオーストラリア証券市場に参入するとのニュースがありました。

オーストラリアでは給料の一部を強制的に個人年金口座に積み立てられます。個人年金口座はsuperannuation、略してsuperと皆呼んでます。

各個人のSuperで運用をすることになるので、オーストラリアでは日本以上に株式市場の動向に敏感なのかなと思います。これは完全に私個人の印象ですが、外れてはいないと思います。日本より活発なオーストラリアの株式取引ビジネスに、低コストを武器にマネックス証券が参入するとのことです。

続きを読む

【銘柄分析】Carsales.com.au (CAR)〔2017年6月期〕

今回はオーストラリアの自動車売買のオンライサイト最大手、Carsales.com.au を紹介します。

従来は車を買うとしたらディーラーに行って買う、という方法しかありませんでしたが、インターネットを使った売買も新車・中古車共にここ最近増えています。私はまだ利用したことがないのですが、次に車を買い替えるときは利用してみようかな・・と思います。オーストラリアは日本と違い中古車もそこそこ高いです。個人的には車を買い替えるときには、高い中古より新車がいいですが…。
続きを読む

Telstra 配当金カットを発表

オーストラリア最大の通信会社、Telstraが本日「配当金カット」の発表をしました。これにより株価だ大暴落しています。Telstraは日本でいうとNTT東西とNTTドコモを足したような大会社で、Telstra株は通信会社という安定した事業形態から高配当を維持してきました。このブログでもTelstra株についてご紹介しています。 続きを読む

【銘柄分析】Computershare (CPU)〔2016年6月期〕

今回は、株式事務代行会社の世界大手、Computershareを紹介します。ASXだけでなく世界中の多くの市場における株式事務代行ビジネスにおいて高いマーケットシェアを占めています。

ASXで株を買ったら、Computershare社から手紙が届き、配当金等の取り扱いを登録することになります。基本的に郵送ではなく、インターネット上にあるComputershareのポータルサイトで情報を登録することになります。(郵送でもいいですけどネットのほうが便利なので私はネット上で登録しています。)ASX銘柄を売買したことがある人はなじみのある会社ではないかと思います。日本では同様のサービスは信託銀行が行っているようですね。 続きを読む

【銘柄分析】Pilbara Minerals(2017年6月時点)

最近仕事がとても忙しくて、なかなかブログを更新する時間がありませんでした。でも仕事は正念場、もうひと頑張りすれば大きな成果が得られるところです。

それはさておき、最近新たに投資をしたのでその銘柄を紹介したいと思います。といっても結構リスクがある投資なのですが・・・。会社名はPilbara Mineralsというリチウム鉱山を所有する会社です。

続きを読む

Duet Group, 香港のCKIによる買収が確定

パイプラインや送電線を保有するインフラ企業、Duet Groupがこのたび(2017年4月21日)香港の大富豪李嘉誠氏が率いる長江実業グループに買収されることが確定しました。

2017年1月16日の記事や、2016年12月6日の記事で紹介していましたが、長江実業は3ドルでの買収を提案していました。この買収提案により株価が上昇しましたが、3ドルまでは上がらず、株価は2.8ドル近辺をウロウロしてました。これは、オーストラリアの政府機関、外国投資評議会(Foreign Investment Review Board: 通称FIRB(ファーブ))が、国にとって重要なインフラ資産を保有する企業を外国企業(特に中国関連企業)に買収されることをよしとせず、この買収提案を承認しない可能性があったためです。

続きを読む

Telstra(TLS)の株価が下落

2017年4月13日、オーストラリアの通信事業者のテルストラ(TLS)の株価が7%も下落しました。

テルストラは以前の記事で紹介しましたが、テルストラが国営の通信会社で、日本で言うNTT東西にNTTドコモを足したような巨大企業です。

ここ数年、固定電話の売上は減っていましたが、携帯電話の売上は年々上がっていました。またオーストラリアは非常に広大で、(特に田舎の)通信状況が一番良好なテルストラの携帯電話が、たとえ通信費が高くとも、シェアトップです。(昔のドコモとほかの会社と同じような状況かなと思います。最近日本の携帯の状況は全く分かりませんが、今はどんな状況なんでしょうか。。)

続きを読む